東洋商会は、フォークリフトのレンタル、リース、中古フォークリフト販売、新車フォークリフトを扱う会社です。

リース・レンタルと販売

 

このような場合リースをすると得です!

1.使用頻度が高かったり、使用場所の条件が悪かったりして車輛消耗が激しい場合
   (メンテナンスリースが有利)
 
2.使用者が多数で管理責任が不明確だったり、整備専任者の手数、人件費がかさんだり

故障車の修理が迅速に行なわれない場合(メンテナンスリースが有利)

3.仕事の期間が限られており、永続的に使用しない場合(その期間に合わせてリースする)

4.企業経営が黒字で、法人税(所得税)を納めている場合(リース料は損金処理出来る)

5.経営が急速に向上しており、事業拡張や設備改善が緊急に行なわれる場合
(資金繰りを容易に、納車を迅速に出来る)

6.年々インフレが昂進している場合(リース料は一定であるから物価上昇分だけ割安となる)

7.荷役作業のコストを正確に算出する必要のある時(リース十燃料十運転手費用)

8.購入にともなう事務管理上の手間がかかる時(減価償却、固定資産税、廃車処理)

9.その他、リース車は自己所有車として見倣されますから官庁入札などの場合でも
不利になる事はありません。

このような場合レンタルや購入が得です!

1.使用状況がよく、法定耐用年数(4年)より長持ちする場合(購入の方が得)

2.整備態勢が完備しており、整備、修理が迅速に行なわれている場合

3.会社に欠損が出ており、法人税(所得税)を納める必要のない場合(リースのメリットは半減する)

4.自己資本が充分余裕のある場合

5.その他、中途解約出来ない、契約満了後の残存物はリース会社のものとなる、
  会社に長期負担がかかる、所有欲を満足させる事が出来ない、などの欠点があります。